本日は土曜日に京都で行われるG2スワンステークスから、
出走予定馬の前走チェックと、勝ち馬候補をお届けしたいと思います。


スワンステークス2015出走登録馬


(フルゲート18頭)

アルビアーノ 52.0 柴山
ウイングザムーン 54.0 〇〇
エーシントップ 56.0 武幸
オメガヴェンデッタ 56.0 岩田
コパノリチャード 57.0 藤岡康
サトノルパン 56.0 浜中
サフィロス 54.0 〇〇
サンライズメジャー 56.0 池添
ダイワマッジョーレ 56.0 蛯名
テイエムタイホー 56.0 松田
ティーハーフ 56.0 国分優
バクシンテイオー 56.0 シュタルケ
フィエロ 56.0 Mデムーロ
フミノムーン 54.0 幸
ベルルミエール 54.0 川島
リトルゲルダ 54.0 松山
ローブティサージュ 54.0 福永
ワンダーコロアール 56.0 〇〇

除外対象馬
コウヨウアレス 56.0 〇〇
アミカブルナンバー 54.0 〇〇
メイショウウズシオ 56.0 〇〇
ニザエモン 56.0 岩崎
ニシノビークイック 56.0 〇〇
ニンジャ 56.0 〇〇
オーブルチェフ 56.0 〇〇
ロサギガンティア 56.0 〇〇


出走各馬の前走チェック!!



アルビアーノ


(京成杯AH 7着)
2番手で進める。
直線に入ると先頭で坂を駆け上がるが、ゴール前は脚色が鈍り
外から追い込み勢に呑みこまれてしまった。

■今回は一叩きされた上積みがあるけど、京都千四のイメージが湧かんなあ。


ウイングザムーン


(オパールS 3着)
後方から。直線は大外から伸びてきた。
ある程度ペースは速かった。

■切れる脚使えるし馬券内に来てもおかしくない。


エーシントップ


(アイビスSD 14着)
レース序盤は前に付けてたが後半失速した。

■直線競馬は合わんっちゅうことで参考外でええやろ。
まだ先行力があるし、最後まで踏ん張りきれるかどうかやね。


オメガヴェンデッタ


(キーンランドC 4着)
好位の外で運ぶ。直線はしぶとく踏ん張った。
先行馬には厳しいペースをよく粘った。

■前回の競馬が今回に生かされそうで、千四は適距離やし一発ある。


ローブティサージュ


(キーンランドC 7着)
中団前めを追走。
直線はうまく前が空いたけど、伸びそうで伸び切れんかった。

■京都芝千四はプラスにならんなあ。


コパノリチャード


(スプリンターズS 13着)
中団外を追走。
直線は他馬に挟まれる不利があって追ってない。

■距離千四はプラスになるけど、速い時計の決着になると厳しいやろ。


ティーハーフ


(スプリンターズS 10着)
後方追走。
直線は大外から脚は使っとるんやけど不発に終わった。
ドスローの切れ味勝負になったわけやけど、展開待ちの馬やでこの結果も仕方ねえか。

■今回も展開次第やろ。
ただ、春から使い詰めっちゅうのもあるし、前回のG1もメイチ仕上げで挑んだと思う。
馬の状態が気になるところやな。


リトルゲルダ


(スプリンターズS 11着)
中団から。直線は内ラチ沿いをジリジリと伸びてたが…。
いつものように前目に付けられんかったが、レース序盤に不利喰らっとったで。

■今回千四使うのは久々になるけど少し長い気がする。


サトノルパン


(道頓堀S 1着)
中団追走から早めに動き、直線はラスト3Fが11秒台と、
極限のキレ味で快勝した。

■形の上では昇級戦になるが、元々重賞でも差のない競馬しとったぐらいやでここでも十分通用する。


サフィロス


(信越S 11着)
ハイペースを中団から追走したが直線は伸び切れんかった。

■千四は長いな。去年の京王杯2歳Sで2着に来たけど、
当時は完成度の差で格好つけられたんやないか。


サンライズメジャー


(米子S 7着)
後方から。直線は大外から追い込み計るが、
内が伸びる馬場で前も止まらんかった。

■今回は四ヶ月の休み明け。
だけどこの馬、休み明け初戦は悪くないし京都は走る。


ダイワマッジョーレ


(安田記念 16着)
スタート出遅れて後方から。
直線も後方のままで伸びる気配もなかった。

■安田記念は疲労もあったか。
元々能力が高い馬やし、放牧でリフレッシュされた今回は変わり身に注意。


フィエロ


(安田記念 4着)
好位追走。
直線は弾けず、ジリジリと上がってきただけやった。

■安田記念は相性が悪そうやし、得意の京都で仕切り直しやな。


フミノムーン


(NHKマイルC 7着)
後方で掛かり気味に追走。
直線は大外からまとめて差し切りそうな勢いも、一瞬内に寄れて他馬と脚色が一緒になってしまった。

■3歳馬やけど、この条件は悪くない。
展開が向けば一発ある。


ベルルミエール


(北九州記念 3着)
中団の前で運ぶ。
4コーナー外に持ち出し、直線馬場真ん中から来たが捕えきれず。

■京都芝千四は大好きなコース (3-0-0-0)
前走は2着のビッグアーサーと差のない競馬。
位置取りの差が明暗を分けただけ。


バクシンテイオー


(北九州記念 6着)
序盤は中団で進めるが内の馬に寄られて後方にポジションを下げる。
直線脚は使ってるが、道中でスムーズさを欠いたのと
休み明けプラス22キロの馬体重も響いた。

■前走からまた間隔があいたけど時計勝負になると厳しそう。
展開が向くかどうかと、馬の状態次第やな。


ワンダーコロアール


(阿蘇S 5着)
中団から進めて直線はイマイチの伸びやったけど、
これはダート戦やでココでは参考にならんね。

■現時点で出走するのかどうかオレにはわからん。
出走するようなら、今の京都の馬場じゃ初芝の馬では厳しいと思うわ。


除外対象馬の前走チェックは省略させてください。
3時間の間で一気にやったので、目の奥がすごく痛いとです


勝つのはアノ馬!!


前走を振り返ってオレが勝利を確信したのはこの馬です。
D ⇒ オメガヴェンデッタ
(当ブログの紹介文に馬名掲載。現在51位)
距離延長はプラスやし、ここにきて気性面で落ち着きが出てきた。
重賞初制覇の可能性は十分にある。


以上、スワンステークス2015出走予定馬と勝つのはアノ馬!!でした。