今日は秋華賞2015穴をあける馬について調べていきたいと思います。

まずはその前に駄文を少し…
先日、過去のデータを使って秋華賞2015勝つのはアノ馬!! をお届けしました。
これはホンマに珍しいケースで、今のオレの予想法では過去データは一切使っておりません。
ですがよく考えてみると、当ブログには検索経由で競馬初心者の方がたくさん訪れると思います。
競馬予想の基本はデータ
データは競馬初心者でも一番的中しやすい予想ファクターなのです。
だったら初心者の方に楽しんでもらえる競馬データを時には使ってもいいのではと思いますし、
あとはオレの相馬眼でスパイスを加えたら、他とは違うオリジナルデータが完成かと…

今までのオレは「データなんか要らねー!安い配当なんかつまんねーよ」みたいな玄人気取りなところが正直ありましたw
だけど競馬を覚えたばかりの頃は、競馬新聞の印とデータを参考にしていましたし、
配当云々とにかく当てることが先決だったと思います。
なので、週中に過去の傾向から好走する馬を探してみる手も必要なのかなと最近思うようになりました。

もちろんどこかで穴馬券獲らないと儲かりませんので、最終予想の方は変わらず人気薄が本命です。
およそ90%の確率で「やっぱダメやったか~」ってなりますがw
エダテル(江田照男騎手)のように、忘れた頃に一発ドカンと当たる時がありますので
こちらもぜひ参考にしてみてください。

そういうことで、もう一度原点に返って、
みなさんと共に楽しい競馬ライフを過ごせたらいいなと思う今日この頃なのでありました…
ちなみに大雑把なデータですけど (あんまりデータ集め過ぎるのもよくないと思うから…)
信じるか信じないかは皆さんの判断にお任せします


それでは今回も過去データを使って秋華賞2015穴馬の傾向をまず探ってみます。


穴馬の傾向



前走ローズSで惨敗した馬


基本ローズSで惨敗した馬が穴をあけます。
普通なら微妙な着順に負けた馬の巻き返しに期待されますが、
この時点で力をフルに発揮しての負けなので、本番でも通用しないことが多いです。
むしろ大敗した馬は、何か展開的要素がかみ合わず途中で競馬を止めてる可能性があります。
当然力がある馬なら無理させてないので、本番で一発かますのも納得できます。
ただ、ホンマに力が足りず惨敗した馬もいますので、その辺の能力判断も重要です。


前走条件戦を好走していた馬


いわゆる夏の上がり馬で、春の実績馬たちが涼しい北海道で休んでる間に
暑い太陽の下でコツコツと頑張ってきた馬です。
常識的に考えると、使ってきてるので「そろそろ疲れが」と不安になりますが心配御無用!
順調に使われてきた強味と、年上の馬と戦ってきた経験・勢いがココで爆発します。



データ該当馬


◆アスカビレン(夕月特別1着)
◆シングウィズジョイ(ローズS14着)
◆マキシマムドパリ(甲武特別1着)



なお、紫苑Sから参戦の馬はデータでは消していい存在です。
去年を除いてズーーッと馬券内に来ていません。
去年こそショウナンパンドラが優勝しましたが、新潟で行われた紫苑Sでしたので参考外でいいでしょう。

なぜ紫苑S組が秋華賞で通用しないのか?

今年は例年通り中山で開催されましたが、中山と京都はコース形態がまったく違います。
それと一番の原因が、メンバーのレベルにあるのだと思います。
この世代の一線級を管理している陣営はローズSで力試しするのではないでしょうか。
そういったことからも、前走紫苑S組は思い切って消しにするか抑え程度でよろしいやんと思います(…たぶん)


次は現時点の予想オッズと、データに該当した穴馬を考察してみます。



現時点の予想オッズと穴馬の考察


ミッキークイーン 2.4
レッツゴードンキ 4.7
タッチングスピーチ 4.9
トーセンビクトリー 5.3
クイーンズリング 12.9
ココロノアイ 21.6
アンドリエッテ 24.0
クインズミラーグロ 30.8
ホワイトエレガンス 41.8
マキシマムドパリ 43.0
ディープジュエリー 45.2
アスカビレン 55.4
キャットコイン 72.2
シングウィズジョイ 103.9
ディアマイダーリン 154.7
アースライズ 164.0
テンダリーヴォイス 193.9
ノットフォーマル 196.2


アスカビレン


前走の夕月特別は道中3番手から上がり最速で完勝し3勝目をあげた。
集中力が足りなかった以前と比べ、ひと夏越して精神面の成長が窺えた。
春はチューリップ賞5着にフローラSは勝ち馬と0,4秒差。
一皮むけた今なら実績馬を逆転する可能性は高いのではないか。



シングウィズジョイ


フローラS勝ち馬でテンの速さが持ち味。
前走のローズSは2番手で追走も、速い流れと後続に早めに来られて苦しくなった。
オークス17着の敗因は、この馬にとって距離が長かったので度外視可能!
前々で気分よく走れば重賞を勝利したように強い競馬ができる馬。
あとはゴチャつきやすい小回りが舞台なだけに揉まれなければ。



マキシマムドパリ


1/2の抽選を突破して出走にこぎつけた。
前走休み明けだったが、好位から確り脚を伸ばした強い勝ち方だった。
馬体も春から一段とパワーアップしていた。
持ち味は先行力。
スタートダッシュ決めて理想のポジションが取れたら。
抽選を潜り抜けた運もある。



穴馬まとめ



・前走ローズS惨敗馬
(シングウィズジョイ)

・前走条件戦好走馬
(アスカビレン、マキシマムドパリ)


これらのデータ該当馬に、オレの相馬眼で軽くスパイスを加えた秋華賞の穴馬が確定いたしました!

秋華賞の穴馬(B)はコチラ ⇒ マキシマムドパリ
(当ブログの紹介文に馬名掲載。現在59位)

相手なりに走れる堅実さと夏からの成長力が魅力。
差のない競馬をしてくれるのでは。


いや~、この記事仕上げるのに二日もかかっちゃいましたけれど…
ただあくまでデータだからね。
実際とんでもない穴馬はデータが通用しないです(^_^;)
2008年の秋華賞は3連単が1000万馬券という大波乱になりましたが、
1着2着馬はデータで買えるとしても、3着のプロヴィナージュなんかデータで拾えません。
まあ、そのような穴馬はオレの最終予想で本命として取り上げますので
90%来ないオレの本命穴馬!!』も見に来てください!


おっと危ね~、もうひとつの荒れる牝馬戦。府中牝馬S2015の予想を忘れてました…

注目はメイショウマンボ
オークス勝利、ヴィクトリアマイル2着の東京が舞台なら、怒涛の追い込みがあって不思議ない。