春の実績馬か夏の上がり馬か

今週は牝馬クラシック最後の1冠、京都内回りコースが舞台のG1秋華賞が行われます。


秋華賞2015勝つのはアノ馬

今日は過去データとオレの相馬眼を合わせた方法で、みなさんに勝ち馬候補をお届けしたいと思います。

オレの場合これまでデータは超人気薄が拾えなくなるので予想に取り入れていませんでした。
だけど、堅め決着だった場合というか人気馬の場合に限ってはデータ通りにハマりやすい傾向があります。
そういうことから、まずは勝つ可能性が高い馬をデータで拾い出し
そしていつものオレの相馬眼で味付けしてみようと思います。



勝ち馬の条件


過去データから好走馬が一番多く出ているのが前走がローズSだった馬です。
よって軸はローズSを使った馬に絞れば、馬券が当たる確率は高くなります。
ですが勝ち馬に限れば、前走連対していた馬かオークスで好走していた馬という条件が付きます。
それプラス当日の単勝オッズにも注目しなければなりません。
データでは、当日の単勝オッズが10倍未満の馬が圧倒的に勝っています。


次は、現時点の予想オッズで上位人気から勝ち馬候補をあぶり出していきたいと思います。


現時点の予想オッズと人気馬の考察


(単勝10倍未満)
ミッキークイーン 2.3
タッチングスピーチ 4.7
レッツゴードンキ 5.0
トーセンビクトリー 5.1


ミッキークイーン


オークス馬。前走ローズS(2着)は出遅れて最後方からの競馬。
4角も最後方で迎え、外から最速の上がりで追い込んだが
勝ち馬を捕えることができなかった。
ただ道中はロスがあった。
今回休み明けをひと叩きした上積みがあるが、内回りコースだけに
いつものような後方からの競馬で届くのかどうか。
出遅れ癖があるしスタートが一番のカギか。



タッチングスピーチ


ローズS(1着)は後方から一気の脚で坂を駆け抜けた。
春はミッキークイーンにボコられたが、前走は見事に仕返しを果たした。
速い流れが向いたのもあるけど、爆発力ある末脚を見せてくれた。
ただこの馬も後方からの競馬が板に付いてきたみたいで本番はどう乗るのか。
以前は先行して最後は甘くなってたが…
もしも人気2頭が後ろでけん制し合った場合、共倒れの可能性がある。



レッツゴードンキ


桜花賞馬。ローズSは自ら速いペースで逃げて4着と踏ん張った。
内容的にはこの馬が一番強い競馬だった。
ただ今回の2000mは小回りとはいえ距離の壁はありそうで
内ラチ沿いに貼りついてロスなく立ち回りたいところか。
そうは言っても、この馬は相当な底力があり
京都の直線平坦コースなら、距離が延びてもあっさり対応しておかしくない。
後ろから進める人気馬がけん制し合った場合、先にゴールするのはこの馬か。



トーセンビクトリー


ローズSは後方から伸びて3着に入った。
最後は勝った馬と追い比べで離されたが、何とか秋華賞の出走権を手に入れた。
この馬の場合どこからでも競馬ができるし、鞍上のユタカちゃんは一発喰らわす乗り方してきそう。


勝ち馬候補まとめ


・前走がローズS
・前走連対していた馬、またはオークスで好走していた馬
・当日の単勝オッズが10倍未満

現時点で全てのデータをクリアできたのはこの2頭

◆ミッキークイーン
◆タッチングスピーチ


そして、オレの相馬眼で勝ち馬候補に浮上したのがこの馬です!

勝つ可能性が高い馬(A) ⇒ タッチングスピーチ
(当ブログの紹介文に馬名掲載。現在63位)

前走の内容からして、この馬が最も勝利に近いポジションにいるのではないかと。
あとはレースまで無事に行ってくれて、当日の単勝オッズが10倍未満なら可能性が十分にあると思います!
…まあ大雑把なデータなのでどうかと思いますが、最低でも3着には来てくれると信じてます(^_^;)


以上、秋華賞2015勝つのはアノ馬でした。