今週の土曜日に行われるG2ステイヤーズステークスから、現時点の予想オッズと穴馬の考察を簡単にお届けします。

ステイヤーズステークス 2015 予想オッズ


ファタモルガーナ 2.8
メイショウカドマツ 3.9
アルバート 4.7
スズカデヴィアス 5.7
ネオブラックダイヤ 11.1
カムフィー 14.2
トゥインクル 16.4
ヴァーゲンザイル 29.0
マイネルメダリスト 33.4
ケイアイチョウサン 41.9
トルークマクト 76.9
カノン 136.9
ウインインスパイア 159.0
プランスペスカ 190.5
サイモントルナーレ 191.4
ユキノサムライ 296.9
テンカイチ 301.4
ゴッドフロアー 320.5

それでは穴馬の考察にイキます!!

トゥインクル


まだ1600万クラスの馬やけど、マラソンレースなら付け入る隙がある。
とにかくスタミナ面は問題なさそうやし、終いはへこたれず伸びてくる所が長所。
前走の比叡Sは直線馬込みを捌くのにロスがあった。勝ったアルバートは外から突き抜けたが、こっちは脚を余した競馬。
勝ち馬とは0.4秒差やったけど今回の舞台ならもっと差のない競馬ができるはず。

ヴァーゲンザイル


去年のAJCCでヴェルデグリーンに0.4秒差の7着。フェイムゲームとは0.3秒差で、中山が舞台の重賞なら展開がかみ合えば通用する。
前走のアルゼンチン共和国杯は、雨で馬場が悪化した内を走ったせいもあり直線は伸びてこれんかった。これは度外視でええやろ。
それに展開の助けも必要なタイプやで、府中の紛れが少ないコースで重賞級のメンツが揃うと現状の力ではまだ苦しい。
その点、中山の長距離戦なら、春に行われたサンシャインSを勝った時みたいな流れになる可能性大やで、この馬の持ち味が生かされるんちゃうか。

ケイアイチョウサン


3歳時にラジオNIKKEI賞を勝利したり菊花賞でも善戦した。それ以降は、自己条件でくすぶっとるのう…。
前走はシンガリ負けやったが流れも向かんかったし、この馬の走り方からして舞台が府中なら惨敗しても仕方ねえ結果。
長所はやっぱスタミナ消耗戦で発揮する末脚やな。それに福島が得意やで中山の小回りは合うと思う。
流れが向けば、得意の内ラチ強襲があるで!

ユキノサムライ


重賞初挑戦となった前走新潟記念は17着。結果こそブービーやったけど、道中は不利くらって頭上げとった。
それにさっきも書いた気がするけど、内の悪い所を通ってきたのもある。
まあ、初めての重賞で散々な目に合ってしもうたけど、やっぱクラスが上がれば思うような競馬をさせてもらえんわな。
現状は2走前のように先手取って淡々と逃げる競馬に持ち込まんと力を発揮できんやろ。今回も強力な先行馬がおるでなあ…。
なんとか激走するにはスタートダッシュ決めて自分のペースで逃げたいわ。後続に可愛がってもらえれば粘り込む可能性があるかもしれんで。

穴馬!!


穴っぽいところを簡単に考察してみたけど、波乱があるとすればこの中しか見当たらん。
っちゅうことで、オレが最も注目する穴馬はこの馬です!
C ⇒ トゥインクル
(当ブログの紹介文に馬名掲載。現在50位)
3走前の内容が優秀やし、中山の馬場なら走って不思議ない。
当日の単勝オッズが二桁人気でなければ自信がある!


以上、ステイヤーズステークス2015予想オッズと穴馬でした。