12月6日(日)中京競馬場で行われるダート王を決めるG1レース、チャンピオンズカップ2015から出走予定馬と有力馬の考察をお届けします。

チャンピオンズカップ 2015 出走予定


(フルゲート16頭)

外国馬
ガンピット 57 パートン

優先出走馬
ノンコノユメ 55 ルメール
ロワジャルダン 57 浜中

収得賞金順
ホッコータルマエ 57 幸
コパノリッキー 57 武豊
ワンダーアキュート 57 和田竜
ニホンピロアワーズ 57 酒井学
サンビスタ 55 Mデムーロ
コーリンベリー 57 松山
サウンドトゥルー 57 大野
グレープブランデー 57 ムーア
ローマンレジェンド 57 岩田
ナムラビクター 57 秋山
グランドシチー 57 津村
クリノスターオー 57 〇〇
ダノンリバティ 55 アッゼニ

除外対象
アウォーディー 57 回避
ハッピースプリント 57 回避
イッシンドウタイ 57 〇〇


それでは、有力所の考察を簡単にイッてみます!!

ホッコータルマエ


去年の覇者で今年は地方交流戦のG1を2つ勝ってきた。
しかし、今回で17戦連続のG1出走かよwそのうち半分以上の9勝もしとるし、冷静に振り返ってみたらとんでもねえ馬やなw
前走は断然の1番人気に指示されながら3着に敗れたけど、前が止まらん不良馬場やったし、4ヶ月ぶりのレースやったで伸び欠いて後ろから差されたのもそんなに悲観することないやろ。去年も休み明けを叩いてから巻き返したで今年も同じようなパターンや。
今回このレース連覇するようなら、G1は10勝目になるんやな!
もう6歳後半を迎えたけど、まだまだ衰えた感じはせんし今んところ不安な情報もオレの耳には入ってない。
勝てるかどうかはわからんけど馬券内には来るんやないか。

コパノリッキー


去年1人気で惨敗した雪辱を晴らすか。
前走のJBCクラシックは逃げ切りで連覇したけど展開が向いたのもあった。ただ、地力の高い馬やで楽逃げのような勝ち方に見えても疑わん方がええやろ。
去年のこのレースは、ホンマ八百長wのような競馬になったけど、その前のJBCを勝った内容から、「コパノは1円も要らん」と旧ブログで紹介した。ほんで予想通りに来んかったわけやけど。
今年も同じような勝ち方でココに挑んでくるが、去年とは内容が違うで甘く見ん方がええと思う。
この馬も今んところ不安情報は入ってないんやけど、若干のスタートの悪さが付きまとうで、大きく出遅れた場合は終了かもしれんけどな。

サウンドトゥルー


前走JBC2着と今年は夏から秋にかけてメキメキと頭角を現わしてきた。
武器は末脚で、展開が向かんかったり、どんな馬場であっても確実に上がってくる。
ただ、終い一辺倒の脚質だけに、このメンツで勝ち切るまでにはいかんと思う。
せいぜい2~3着までやろ。頑張っても。

ノンコノユメ


前走の武蔵野Sは直線一気で勝利。
メンツのレベルにも疑わしいところがあるけど、やっぱあの破壊力がある末脚は魅力的やね。
ただスタートの悪さが目立つし、終い一辺倒の競馬では今後レベルが上がるにつれて取りこぼしも考えられる。
それに、約4か月ぶりの休み明けを58キロ背負ってアノ追い込み。オレは反動の方が気になる。正直勝ち切るとは思えんし、いつもの伸び脚が見られん可能性だってある。
まあ、まだズルいことを知らん3歳馬やでココも気力で来るかもしれんが、もしもこれで勝ったりしたら化け物級やでホンマに…。

まとめ


■ホッコータルマエ
臨戦過程は去年と一緒。G1最多勝利の新記録が懸かるが、まず馬券内には来る。

■コパノリッキー
去年の雪辱を晴らす!でも、大きく出遅れた場合は終了か…。

■サウンドトゥルー
勝ち切るまでにはいかん。頑張って2~3着まで。

■ノンコノユメ
前走の反動が気になる。もしかしたら全然伸びて来ない可能性もある。



以上、チャンピオンズカップ2015出走予定馬でした。