本日行われる京都のメインレース、修学院Sの穴馬を、オレと師匠で探し出しましたので皆さんに紹介します。

修学院ステークス 2015 予想


3歳以上1600万クラスによる芝2000m内回りのハンデ戦です。

オレの穴馬!!


レイヌドネージュ
前走クイーンSは6着やったけど直線は上がり最速で追い上げた。
この馬は毎回のように出遅れるし、重賞で直線向くまで最後方からの競馬ではさすがに厳しい。
それに距離千八が忙しかったのもある。
距離が少しでも延びる今回はプラスになるし、10頭立てと少頭数の競馬なら、持ち前の鋭い末脚で際どい勝負に持ち込めそう。
まあ京都の内回りやで、いつものように後方でのんびり構えとくわけにはいかんで、その辺は鞍上の秋山もちゃんと考えて乗るはずやろ。


師匠の穴馬!!


アドマイヤケルソ
去年のアルゼンチン共和国杯4着馬。直線大外から伸びてきた。
近走は長い距離を使ってきたけど2000mは守備範囲。
今回約5ヵ月ぶりの競馬がカギになりそうだけど、過去に鉄砲実績もあるし問題ないか。
ただ近走大崩れこそないが、もう一押しが足りない詰めの甘さがある。
そこはボウマンとかいう騎手の腕で変わり身を見せてほしい。


以上、オレと師匠の修学院ステークス2015の穴予想でした。