今週日曜日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦、
G1マイルCSの出走予定馬から有力馬の考察をしていこうと思います。
ただ、メンバーを見渡すと豪華な顔ぶれなので、有力馬の考察を2回に分けてお届けします。

まずは登録馬から見て参りましょう!!

マイルチャンピオンシップ 2015 出走予定馬


(フルゲート18頭)

【優先出走馬】
アルビアーノ 54 柴山

【賞金順】
リアルインパクト 57 ボウマン
ダノンシャーク 57 岩田
モーリス 57 ムーア
レッツゴードンキ 54 戸崎
イスラボニータ 57 蛯名
ヴァンセンヌ 57 川田
クラリティスカイ 56 横山典
レッドアリオン 57 川須
ケイアイエレガント 55 吉田豊
ダイワマッジョーレ 57 武豊
フィエロ 57 Mデムーロ
カレンブラックヒル 57 秋山
レッドリヴェール 55 アッゼニ
ロゴタイプ 57 浜中
トーセンスターダム 57 武幸
サトノアラジン 57 ルメール
アルマワイオリ 56 勝浦
サンライズメジャー 57 池添
ヤマカツエース 56 〇〇
テイエムタイホー 57 松田
ミッキーオリビエ 56 〇〇
グァンチャーレ 56 〇〇


それでは有力馬の考察に入ります!!

アルビアーノ


前走スワンSを勝利してこの舞台への優先出走権を手に入れた。
レース内容はこれまでの先行策とは一転して中団からの競馬。
直線は抜群の反応を見せて一気に抜け出した。
前回この馬に京都のイメージがまったく湧いてこんかったんやけど、
坂の下りもこなせとったし、なかなかの切れ味には正直驚いた。
まあ、どっからでも競馬できるレース巧者やったっちゅうことを証明したか。
あとは枠順ぐらいで外枠に放り込まれた場合どうかっちゅうのはあるけれど…。
でも、中間も栗東で調整されとるみたいやし、万全の態勢で出てこれそうやね。

イスラボニータ


天皇賞秋3着から巻き返しを狙うG1皐月賞の勝ち馬。
前回の府中二千のレースでは不利となる外枠やったで、いつもの乗り方できんかったと思う。
それでも3着まで押し上げてきた内容はよかった。
休み明けから2戦連続の3着やで、疲れの方がちょっと心配やけど底力があるし軽視できん。
ただ、久々のマイル戦がどう出るか。
ちなみにやけど、この馬の顔がなんか可愛くて好きな馬(^_^;)

モーリス


前走G1安田記念を勝利して今年入って4連勝しとる馬。
もともと素質はあったんやけど3歳の頃は伸び悩んどった。
それが転厩してから、これまでとまったく別馬になったかのように強くなった。
恐るべし堀厩舎やのう…。
ただ今回は休み明けで5ヶ月ぶりの実戦となる。
まあ、このレベルの馬ならぶっつけ本番でも問題ないと思うけど、
始動戦として予定しとった毎日王冠の出走を見送った経緯があるだけに、どこか問題があるのかもしれん。
そこら辺が少し気がかりなところ。
それと関西への輸送がどう出るか。
ここでも力は上やと思うけど、体調面と精神面が今回のレースではポイントになりそうやね。

ダノンシャーク


去年の覇者で連覇を狙う。前走は毎日王冠4着やった。
まあブログでも少し触れたが、オレ的には7歳になった今、
短いところより千八の距離の方が向くんやないかという気がしとった。
だけど結果的には案外やったね…まあ相手が強力やったのもあると思うけど。
それでも休み明けやったし、58キロの斤量を背負って僅差の競馬ができとったで、レースの内容事態悪くない。
むしろ次に繋がるような競馬しとった。
もう全盛期の切れ味を望むのは酷やけど、舞台は相性のええ京都のマイル戦。
まだまだ馬券内なら十分に狙えるんやないか。



以上、マイルCS2015出走予定馬から有力馬の考察前篇をお届けしました。